あなたに合ったダイエット。

みんながやってるダイエット、聞いてみた。

thirties woman

姿勢改善に向き合って、内側もキレイに。やせるおかずも。

 

 

私がまだ20代で事務職をしていた頃、視力が悪く顔を突き出すように毎日パソコンに向かっていたせいか、肩こりや首こり、眼精疲労、猫背がひどくなり、日々体の不調に悩まされていました。(30代 主婦 女性)

スポンサーリンク

マッサージも血行良くしても

仕事柄、パソコンを覗き込む姿勢で体調不良になり、入浴で体を温め血行を良くしたり、マッサージを試みるもすぐに元に戻ってしまい、歩いているだけで姿勢の悪さを感じました。

小さい頃からO脚であることも自覚しており、立っている姿の写真写りがいつも気になっていました。そんな時、家の近くにカイロプラクティックがあると知り、試しに行ってみることにしました。施術前のカウンセリングで症状を伝え、先生の言うとおりに腕をあげたり首を回したり、立って膝をくっつける動作をしたり、壁に沿って立つことで正しい姿勢などを教わり、いかに自分の体が凝り固まっているか、歪んでいるかをチェックしました。

それから週に一回施術に通うことになり、O脚改善のためのストレッチなども教わり、日々の生活でも座っている時や歩く時も正しい姿勢を心掛けるようにしました。施術をしてもらった時は歪みが一時的に治るのか血行が良くなるのか、体がとてもポカポカと温かくなり喉が渇いて水分をいくらとっても足りないほどでした。効果があると実感はしていたものの、半年ほどで通うのをやめてしまいました。

スポンサーリンク

カイロプラクティックは保険がきかず、それなりに出費がかかり負担が大きかったためです。十年近く経った今ではすっかり体は元に戻り、肩や首が痛いときは自分でマッサージや市販の湿布薬などをしたりしています。

 

姿勢改善から身体の中から綺麗に。

最近は体の内側から綺麗にしようと心掛け、朝食にヨーグルトや味噌汁、納豆などの発酵食品を取り入れるようにしています。以前は好んで炭酸飲料を飲んでいましたが、ルイボスティーに変えたところ体が少し軽くなったように感じ、便秘にも悩まされていましたが以前より改善したような気がします。

今は、やせるおかず等の本やレシピがたくさん出ているのでそれを参考に野菜中心になるようにしたら睡眠もよくとれるようになり、体の不調はあまり感じなくなりました。

ただ、今でも姿勢が悪いのは変わらず、首こりや肩こりがひどいので何か改善方法はないかと日々悩んでいます。どうしても首や肩が痛いときは整体に行きマッサージをしてもらいますが、その時は一時的にラクになっても数日後にはまた痛くなるという始末…私は昔からの癖で、首をポキポキ鳴らすのが気持ちよくてよくしてしまうのですが、整体の先生にそれはしないほうがよいと言われ、気をつけるようにしていますが、やはり首が痛いとしてしまいます。

 

首を鳴らすのは、行く末

首が鳴るのは首の関節の空気が抜けているだけで、やりすぎると首の骨が徐々にずれてくるとの事でした。なのでお風呂上りにストレッチや、つぼを指圧したりしますが、やはり長時間携帯などを見ていると悪化する一方です。携帯のスマートフォンやゲーム機が普及している中で、昨今は小学生でも首こり肩こりになると聞きます。

姿勢も悪くなり、目も悪くなると分かっていても今やそれらは生活必需品となり、日々の生活にかかせないものとなっています。そうした生活習慣から徐々に変えていかないといけないと感じつつも、なかなか出来ないでいます。

スポンサーリンク

-thirties, woman
-, , ,

関連記事

ダイエットで病気に負けない

スポンサーリンク 私は以前、医者から肝機能障害があると医者に言われ薬「ウルソ」を服用していたのですが効果がなかったため、医者に「薬で効果がないなら体重を落としたがいいね」と言われダイエットを決意しまし …

出産後は体重増加。糖質制限始めたら、家族にも影響が。

スポンサーリンク 私は幼少期から肥満ではないものの。ふわっとした体型というか、いかにも鈍臭そうな出で立ちをしておりました。思春期になると、まるみがでた、というよりまん丸になった、という感じで・・・それ …

糖質制限3か月続けましょう

ありきたりですが、私が実践して成功したのは、糖質制限です。糖質制限は体にいいとか悪いとかとにかく賛否両論が多いですが、少なくとも私は2ヶ月半でマイナス10kgを達成し、意識して少し戻しましたが、現在も …

ダイエット対決 CMのジム通いの彼氏に対抗

学生時代は運動部に所属し、常に運動をしていたので、あまり体型を気にすることはなかったのですが、部活動を辞めたとたん、ブクブクと太り、現役時代からプラス15キロという悲惨な姿になっています。今は資格の勉 …

ダイエット、昼はしっかり。たんぱく質を上手に摂る。

スポンサーリンク 私は体脂肪を減らすために、運動と食事に気をつけてきました。具体的には運動ではウォーキングと筋トレやストレッチを行いました。(40代 フリーライター 女性) スポンサーリンク スポンサ …

あなたに合ったダイエット。

本当にあなたに合ったダイエット?
どんなダイエットしているの?

すぐにでも痩せたい!と始められる方。健康になりたくて、と始められる方。一機に痩せて、リバウンドしちゃった方。
一機に痩せて、キープできている方。本当にそれぞれ、聞いてみました。

栄養士やスポーツトレーナー、ドクター、エステティシャンからのリアルなメッセージもお届けします。