あなたに合ったダイエット。

みんながやってるダイエット、聞いてみた。

man thirties

ダイエットコレクター ジョギングにしました。

運動によるダイエットというのは続ければ続けるほど効果が少なくなっていくもののようです。(30代 大学生 男)

スポンサーリンク

ダイエット、最初は1日1時間

僕がダイエットのために運動することを決めたのはもう何年も前のこと。最初は1日1時間の散歩から始めました。それまで運動らしい運動は全くしてこなかったこともあり、たった1週間で1キロの減量に成功しましたが、その後はあまり体重が減らなくなってしまいました。

なぜこんなことが起こるのか考えてみたのですが、多分多少なりとも体重が減ったことで体にかかる負荷が落ちたことと、1週間もするとそのトレーニングに対して体が慣れてしまってそれをするのが当たり前のような状態になり効果がなくなってしまうのでしょう。

 

ダイエット、次のおためしはジョギング

1日1時間の散歩で痩せなくなった僕は次に1日20分ほどのジョギングを始めました。時間こそ短くなりましたが、使う体力もかく汗の量も散歩の時より多くなり、1週間後には500グラム程度の減量に成功しました。

スポンサーリンク

ですがその後はやっぱり体重が減らず、少しずつ時間を延ばしても結果は変わらなかったためやる気をなくして運動自体をやめてしまいました。ダイエットを始めて3か月くらいがたっていたと思います。

 

ダイエット、ジョギングにインターバルとハードタイムを

運動をやめてしまうとまたまた体重が増えてしまいました。そして、今度こそ絶対に痩せてやると心に決め、またまた1日1時間の散歩から始めました。1週間後には1日40分のジョギングをするようになりました。

時間を増やしはしましたが、ここまでは失敗した前回とほぼ変わりません。方法を変えたのはジョギングを始めて1か月以上たってからでした。単純に時間を増やすだけでは痩せられないとわかったので今度は短時間だけでも全力で走ることにしたのです。

まずは準備運動と軽いジョギングで体を十分にほぐし、そのあと限界まで全力でダッシュをします。体力が切れたらウォーキングに変更して体力の回復を待ち、回復後にまた全力でダッシュ。これを1日40分から60分行いました。

すると再び体重が減り始めました。それを続けて体重が減らなくなり、尚且つ十分に体力がついた後今度はウォーキングをジョギングに変えてインターバル中にも体に負荷をかけるようにしました。

するとまた体重が減り始めました。そして体重が減らなくなったころには目標としていた体重まで減量することができていました。今では当時よりも少し体重は増えてしまっていますが、それでも十分満足できる体形を維持できています。

ダイエットのための運動はある程度して体重が減らなくなったら方法を変えて負荷を増やすことが大切のようです。

スポンサーリンク

-man, thirties
-, , , ,

関連記事

ダイエットに運動と栄養バランスは必須。ボクシングで綺麗な身体。

スポンサーリンク ボクシングをやっています。そして皆さんがこれを聞いてパッと想像するのは‘‘減量”だと思います。僕も試合に向けて7、8kgの減量ダイエットを1ヶ月のスパンで落としました。過去に5試合程 …

猫背の悩みから、色々試して、身体が変わる。

スポンサーリンク 子供頃から猫背気味で、鏡や写真に映る自分の姿に自己嫌悪感を覚えた経験は数知れません。何とか直せないかと思い、若い頃からあれこれ試してはみたものの、決定的に改善するには至らず、加齢を重 …

糖質制限3か月続けましょう

ありきたりですが、私が実践して成功したのは、糖質制限です。糖質制限は体にいいとか悪いとかとにかく賛否両論が多いですが、少なくとも私は2ヶ月半でマイナス10kgを達成し、意識して少し戻しましたが、現在も …

体重増加で見た目がだらしなく、食事を制限してみました

スポンサーリンク 20代の頃は特に何をするでもなく、スリムな体型を維持できていました。が、30代に突入したことで、状況は一気に変わってきます。なんというか、体重が落ちにくくなったと言いますか、とにかく …

ダイエット、仕事のストレス対策は?家族の協力大事。

  スポンサーリンク ダイエットをしようと、食事を野菜中心に変えたものの、うまくいきませんでした。自宅での食事のメニューを変えようと思ったものの、転職したせいで、食生活が激変したから、でした …

あなたに合ったダイエット。

本当にあなたに合ったダイエット?
どんなダイエットしているの?

すぐにでも痩せたい!と始められる方。健康になりたくて、と始められる方。一機に痩せて、リバウンドしちゃった方。
一機に痩せて、キープできている方。本当にそれぞれ、聞いてみました。

栄養士やスポーツトレーナー、ドクター、エステティシャンからのリアルなメッセージもお届けします。