あなたに合ったダイエット。

みんながやってるダイエット、聞いてみた。

man teens

ダイエットに運動と栄養バランスは必須。ボクシングで綺麗な身体。

ボクシングをやっています。そして皆さんがこれを聞いてパッと想像するのは‘‘減量”だと思います。僕も試合に向けて7、8kgの減量ダイエットを1ヶ月のスパンで落としました。過去に5試合程度やっているので自ずと減量ダイエットも5回やった事になります。(18代 高校生 男性)

スポンサーリンク

漫画に出ているようなボクシングダイエットは有効?

漫画に出て来るようなヤカンを沸かした蒸し暑い中で練習をしたり、水を過剰に我慢したりと言うのは間違っているようで間違っていません。我々がやっている減量の最終段階はそうなってしまう事がありますが、そんなのは1日か2日程度の話しです。最初は皆さんと同じダイエットを僕も行いました。まずは食事量を減らしながら有酸素運動を多くしていき練習量を増やしていきます。

有酸素運動のメニューはランニングや縄跳びで、毎日1時間以上は必ず行います。そして練習内容も試合に近い内容をする為、練習量と強度が上がっていき体重が落ちて来ます。

スポンサーリンク

 

ダイエットには食事制限も大事。

食事は炭水化物と身体に悪い物、例えばジャンクフードや外食を減らす事でカロリーが抑えられるので脂肪が落ちていきます。その中でもタンパク質はいつも以上に摂取する事を心掛け、炭水化物の中でも脂肪になりにくくトレーニングのエネルギーになりやすい物、和菓子やフルーツなどは積極的に摂取するようにしています。

そして、体重を落とす時は栄養バランスが悪くなってしまうのは当たり前。その上、ハードな練習で免疫力も低下するのでサプリメントも必需品になって来ます。

 

急激なダイエットには栄養バランスが大事。どう補充する?

僕が使っているサプリメントはプロテイン、BCAA、LIPO6(脂肪燃焼サプリ)、グルタミンです。

プロテインはタンパク質を多く摂取する事が出来、BCAAは練習前に飲む事によりパフォーマンスが上がりやすくなりLIPO6はカフェインやアルギニンなども入っているので疲れた身体でも動けるようになりグルタミンは疲労回復を手伝ってくれます。

ダイエット中は摂取カロリーが低くなり筋肉量も低下してしまうので積極的に速筋を鍛えるウェイトトレーニングもするようにしています。ウェイトトレーニングをやりながら体重を落とすと身体が引き締まった綺麗な身体になります。

 

ダイエットで運動して減らないことも。

1週間に1回チートデイと言って停滞期を起こらないようにする為に炭水化物を中心とした暴食日を作ります。チートデイを行う事により心身のリラックスにも繋がるし停滞期が起こりにくくなるのでスムーズに体重が落ちていきます。

チートデイで吐くまで食べ過ぎてしまいお腹を壊し翌日の練習でも動きが悪くなってしまった失敗があります。その時に学んだ教訓を活かして今ではチートデイの日でも‘‘腹8分”を意識した食事量にしています。

スポンサーリンク

-man, teens
-,

関連記事

ダイエット意外な成功

スポンサーリンク 男はだいたい40代に入ると八割方体重が増えてきます。理由はいろいろあると思いますが、まず30代の頃と違って代謝が落ちてくるのが一番の原因ではないでしょうか。代謝が落ちているにもかかわ …

姿勢改善は魚の目も治る

スポンサーリンク 太っていた時に気づいたのですが、どうやら僕は背骨が曲がっていたようです。太り始めたころに急激にお腹が出始め、そのままぼてっとしたお腹のままだったので太るっているのはこういうことなんだ …

ダイエットコレクター ダイエット中も美味しい食事

以前、食事を工夫してダイエットをしようとしたことがありましたが、その時は失敗しました。食べるものを工夫したり、食べ方を工夫したり、食べる量を減らしたり、たまに断食してみたり。運動をしたくないからやって …

姿勢改善に始めたヨガ

スポンサーリンク 姿勢改善の為にヨガを始めたのは良いが、ハマり過ぎて、高度なヨガの体位をマスターしようと頑張っていたら、頑張り過ぎて腰痛になったことがあります。(30代 会社員 男性) スポンサーリン …

太ったお腹には糖質制限が必須。

スポンサーリンク   小、中、高とバスケットボール部に所属していたので、もともとは身長173cm 体重60キロと細い方でした。社会人になり、不規則な生活が毎日の様に続きました。仕事が終わるの …

あなたに合ったダイエット。

本当にあなたに合ったダイエット?
どんなダイエットしているの?

すぐにでも痩せたい!と始められる方。健康になりたくて、と始められる方。一機に痩せて、リバウンドしちゃった方。
一機に痩せて、キープできている方。本当にそれぞれ、聞いてみました。

栄養士やスポーツトレーナー、ドクター、エステティシャンからのリアルなメッセージもお届けします。