あなたに合ったダイエット。

みんながやってるダイエット、聞いてみた。

woman 経験談

ダイエット成功後、コンビニ食でストレス発散。停滞期に負ける

ダイエットを始めてはみたもののウォーキングや筋トレはなかなか長続きしないものです。食事制限もまた然りです。私は生活環境が変化して食生活が変わり、運動を毎日していました。それ以外は今まで通りの生活をしていて半年で20㎏減量することができました。ここまでは成功ですが、ここからリバウンドが待っていました。(20代 会社員 女性)

スポンサーリンク

ダイエットしたのに、コンビニ食やストレスで痩せる太るを繰り返す。

痩せてから1年後、私は学生だったので、実習に行くことになりました。実習に行くと生活のリズムが狂います。

コンビニで自分の好きなものをたくさん買うようになり、ストレスを食べ物で晴らすようになりました。

記録も書かなければならなくなったため、運動する機会が減りました。体重が少しずつ増えていきました。

それだけではなく、精神的にも追い詰められて食べるようになってしまったため、体重は増加していきました。

ついにはもとの体重に戻ってしまい、それどころか、それよりもさらに10㎏も太ってしまいました。

スポンサーリンク

精神的にうつ状態になってしまい、薬を飲むことになりました。薬を飲むことで少しは精神的に軽くはなりました。

しかし、実習に行くことができず留年したことで精神的にも落ち着かなくなりました。

食べては食べなくなるを繰り返していました。痩せては太ることを何度も繰り返しました。

 

ダイエットは敵は停滞期。

ダイエットは数キロならちょっと頑張れば減らすことは可能です。しかし、減らした体重を維持したり、大幅な体重減少はしっかりとした意志が必要になります。

その意志がしっかりとしてなければ、ダイエットは失敗します。いくら運動や食事制限をしたとしても数キロの減量はできても停滞期を乗り越えることはできないからです。

今、夜の食事だけ食事制限をして時間があれば運動しています。しかし、体重は全く減りません。その原因としては間食がカロリーが高めなことと便秘がちなことが挙げられます。

 

ダイエットを続けるには自分に合った目標が大事。

毎日の継続こそがダイエットの成功となるため、私は継続してできていません。今まで体重の増減が激しくなかなか理想の体重に近づくことができないのです。

また、雑誌のことをすべて取り入れようとして初日は頑張って行いますが2日目、3日目となるとめんどくさくなって継続どころではなくなります。

自分に合った目標ではない場合も継続する力をそがれてしまいます。一気に痩せたいと思ってダイエットを始めますが、そのことがダイエットを失敗する原因であると私は思います。

目標が高すぎる場合やすべて1つのことに依存するのもダイエットを失敗する要因になってしまいます。

スポンサーリンク

-woman, 経験談
-, , ,

関連記事

デブから脱却。モテたい男はダイエット。姿勢改善で近道。

  スポンサーリンク 内面を変えたら、姿勢改善でき、ダイエットも成功しました。今まで猫背で、体重が重くなかなか直すことができずに悩んでいたのですが、ある本に出会ってから変わることができました …

海外生活で太らない

スポンサーリンク アメリカに住み始めて約9ヶ月、アメリカの食生活に負けて太るのは絶対嫌だ!そう決めて日々ジムに通っています。学生時代にカナダに一年弱留学していたことがあります。留学を終えて日本に帰国し …

ダイエット見た目良くなるには。痩せて可愛い女子は小食?断食?

スポンサーリンク ありのままの体型を受け入れる努力をします。ダイエットは主に大学生時代に行いました。テレビやインターネットで得られる情報を参考に様々なダイエット法を試みましたが、トータルで半年も続かな …

ダイエットして痩せないと。筋トレ必須。長く続けるコツは?

  スポンサーリンク 40後半になって、むっちりしてきたので、体重計に乗ったら今までにない数値が出たので、これはまずいと思った。見ない振りをしてきたけれど、自分が許せないんだわ。このダルダル …

ダイエット効果的なのは、プロテインと牛乳がベスト

  スポンサーリンク 自分の好きな運動を行って効果的なダイエットを行っていく事は大変重要な事です。普段からこのような運動を行って効果的なダイエットをする事は大変重要な事なのですが、ただ闇雲に …

あなたに合っている?

あなたにあったダイエット?

本当にあなたに合ったダイエット?
どんなダイエットしているの?

すぐにでも痩せたい!と始められる方。健康になりたくて、と始められる方。一機に痩せて、リバウンドしちゃった方。
一機に痩せて、キープできている方。本当にそれぞれ、聞いてみました。

栄養士やスポーツトレーナー、ドクター、エステティシャンからのリアルなメッセージもお届けします。